のんびりいくばい

大学生がつづるブログ

のんびりいくばい

堀江貴文さんの「多動力」を読んで、心動いた3つの言葉

 

f:id:motchans:20180120134801j:plain

どうも、もっちゃんです。

今回は読書です!

全然更新できなくて久しぶりの更新となってしまいました(-_-;)

 

ブロガーさんならおそらく読んだことがあるであろう「多動力」を僕も読ませてもらったので、僕が心動かされたところをピックアップして紹介したいと思います。

 目次

 

1.飽きっぽい人ほど成長する

f:id:motchans:20180120131218p:plain

「飽きる」ということは何もネガティブなことではない。

飽きるというのは、慣れて、余裕が出たということだ。

大事なことは、飽きたらすぐに捨てることだ。

 

なんだか自分に当てはまる気がしました。

小学生くらいの時は、「インディージョーンズ」の影響で、考古学者になりたいなんて思い、化石を集めるのにはまっていました(笑)

でも、それも半年くらいで飽き、サッカーをして友達と遊ぶことが楽しくて、ずっとサッカーをしたりしていました。

 

現在も、いろいろなものを買ってみては飽きたりしています。

ブログも飽きちゃうのかな.......いや、ブログは続けます!( ´∀` )

 

本書にも出てくるように、

「点と点をつなげてくと、いつの間にか線ができる」

スティーブ・ジョブズが言っていたそうです。

あちこちハマっていくうちに、網目のように散らばった点と点が思わぬところでつながるのだ。 

 と書かれています。

 

何事も100点までいかず、80点とれるようになったら、飽きてしまうことは むしろ成長につながるということです。

 

2.人生の中で「ワクワクしない」時間を減らしていこう。

f:id:motchans:20180120132153p:plain

「ワクワクしない」時間を減らすために、「やらないこと」を決めることが重要だ。

いつも多動力でいいるために一番大事なことだそうです。

 

たしかに、自分がワクワクしない時間を過ごしていても、無駄に時間が過ぎるだけで、仕事などにおいても効率が悪くなると感じました。

 

僕も現在アルバイトをしていますが、まあワクワクはしないですよね(笑)

でもこれはお金のために仕方なくしていますが、本書を読むと、自分がワクワクするアルバイトをすればいいのだと思いましたし、アルバイト以外で稼ぐことも考えようと思いました。

・1日24時間をこと細かに書き出してみよう。

・起床、シャワー、朝ごはん、歯磨き、着替え、ゴミ出し、通勤、メールチェック、昼食、電車移動、打ち合わせ......。

・その中でワクワクしないことを赤で潰そう。

・1日24時間をワクワクだけで埋め尽くそう。

ということで、僕も1日の行動を書いてみようと思います。

堀江貴文さんが「早く自動歯磨きロボットが出てきてほしい」と書いていたのには思わず笑ってしまいました。( ´∀` )

 

忙しい人ほどLINE等の返信が早いと書いてありましたが、それも時間を有効に使ってる人に合っているのだと感じました。

 

3.人生に目的なんてない

f:id:motchans:20180120132228p:plain

人生に目的なんてない。

今を楽しむことだけが、すべてなのだ。

 

ほんとこれですね。

「堀江さんがしょっちゅう海外に行くのはなんでですか?」

「いろんな人と毎日食事するのはなんでですか?」 

答えは一つしかない。

「おもしろいから」だ。

 今この瞬間を楽しまないで、成果を出そうとする生き方は、「おもしろくない」。

 

僕も今という瞬間にフォーカスを当て、人生を楽しんで生きていこうと強く思わせてくれました。

 

最後に

本書を読むと、堀江貴文さんの多動力はどこから生まれているのかがよくわかります。

また、これからの時代がどのようになっていくのかもおおよそ推測できるような気がしました。

 

読むことで、自分の今後の人生のちょっとしたヒントになると思いました。

ですので、まだ読んでいない人はぜひ読んで欲しいです!!