のんびりいくばい

大学生がつづるブログ

のんびりいくばい

ついに日本へ!アマゾンからスマートスピーカー「Amazon Echo」発売

f:id:motchans:20171108202614p:plain

 最近話題のスマートスピーカーの一種である「Amazon Echo」(アマゾンエコー)を本日(2017年11月8日)に日本でも発売するとアマゾンが発表しました。

まずは招待者のみへ販売となり、11月13日の週より出荷が始まるそうです。

今回はそのアマゾンエコーについて見てみましょう。

 目次

 

スピーカーの詳細

日本では3種類発売

スタンダードな「Amazon Echo (2nd Generation)」 11,980円

機能が多い「Amazon Echo Plus」 17,980円

コンパクトな「Amazon Echo Dot (2nd Generation)」 5,980円

の発売となるそうです。

 

ちなみに2nd Generationというのは、米国では2014年からアマゾンエコーは販売されていて、今年に入って新型を出したためその名前が2nd Generationとなっています。

 

各スピーカーの機能的違い

f:id:motchans:20171108211043p:plain

まずは音響効果

Echo Plus→Echo→Echo Dot の順で優れているそうです。

なにが優れているのかというと、ウーファーなどの違いで高音・低音などが出やすかったりするのです。

 

次に、音声認識システム

3機種ともに音声をより聞き取りやすくしてくれる「ファーフィールド・テクノロジー」は備え付けられています。

しかし、Echo Plusだけにスマートホーム向けのハブが内蔵されています。

スマートホーム向けの照明などを購入した場合、電球とハブのきっとを購入する必要があるが、Plusには内蔵されているため、対応の電球だけを購入すればいいということになるのです。

 

何ができるの?

いろいろなことができるのはAlexaがいるから

AlexaとはEchoの頭脳であり、あなたの問いかけに応えてくれます。

 

音楽の再生

ネットから探せるものならAlexaに問いかければ、音楽を再生してくれます。

まだ、音質はどうかわかりませんが高音質であるならば、かなり便利な機能となるでしょう。

 

天気・ニュース記事・Kindle書籍などの読み上げ

Alexaに話しかければなんでも教えてくれます。

もちろん「今日の天気は?」と聞けば教えてくれますし、ニュースも教えてくれます。

 

Amazon・ピザなどの注文

アマゾンの注文履歴から再注文したり、ハンズフリー通話によりピザなどの注文をすることも可能です。

ただ、通話に関しては、携帯会社との連会が必要なようです。

 

スケージュール管理・アラームその他生活

「〇〇にランチの予定いれといて」や「明日6時に起こして」と話しかけるとそのとおりに設定してくれます。

手が空かない忙しい時でも、利用できそうですね。

 

検索

「近くのコンビニ」や「〇〇について教えて」と話しかけると、検索結果から音声で教えてくれます。

 

スマートホーム連携

ネットワークでつながった対応の家電をボイスコントロールすることができます。

例えば「エアコンつけて」などと言うと、自分で操作せずにエアコンをオンにしてくれます。

どこにいても対応するので、具体的に「リビングの電気消して」と言えば他の部屋にいたとしてもリビングの電気を消してくれます。

 

他にもできることが増えそう

紹介した以外にもできることがたくさんありますが、これから増える可能性もあります。なぜなら、多くの企業が連携しているからです。

分かりやすいのでは、ラインなども音声でできるのではないかと思います。

 

まとめ

スマートスピーカーは最近話題で、これから売れるだろうと言われています。

家で話しかけるということに慣れないと感じますが、機能次第では一家に一台なんて時代も来るかもしれませんね( ´∀` )

 

広告を非表示にする