のんびりいくばい

大学生がつづるブログ

のんびりいくばい

「最近人気がある福岡県糸島市」芥屋(けや)の大門に行ってみた

f:id:motchans:20171010194517j:plain

2017年10月7.8.9日は3連休でしたね!

天気も良かったので出かけた方も多いかと思います。

ということで、移住人気ナンバー1の福岡県糸島市にある芥屋の大門(けやのおおと)という場所に行ってみました。

ここは遊覧船に乗って、洞窟の中を見れるということで、面白そうだったので行ってみました( ´∀` )

芥屋の大門ってどこにあるの?

 糸島市のだいたい北西方向にあります。近くまで高速道路が通っています。前原インターというところで降りて、芥屋方面へ約20分です。

住所 〒819-1335 福岡県糸島市志摩芥屋677

電話 092-328-2012

 

遊覧船乗り場へ

f:id:motchans:20171010200112j:plain

こちらが遊覧船乗り場です。普通の堤防なので、釣りをしている方も大勢いました。波がおだやかで、とてものどかな場所でした。

ちなみに、遊覧船の料金は

大人(中学生以上)700円 小人(3才以上)350円 幼児(0~2才)1名まで無料

ということです。

事前に乗り場で予約ができ、券は乗船10分前に買うことができます。

運航ダイヤはHPをご覧ください 提供サービス・料金 | 芥屋の大門遊覧船ホームページ

 

~出航~

f:id:motchans:20171010200908j:plain

遊覧船の乗船時間は30分間です。けっこう海面すれすれの船で、爽快でした。

また、けっこう揺れもあるので、酔う方もいるかもしれません。

屋根がついた船と、ついてない瀬渡し船のような船があり、どちらに乗れるかは人数によって勝手に決められるそうです(笑)僕は屋根ありの船でした。

 

f:id:motchans:20171010201213j:plain

見えてきました。こちらが洞窟になっている芥屋の大門です。2隻の船で出航するので、1隻ずつ洞窟の中に入る形になります。この待っている間けっこう揺れます。

 

いざ洞窟のなかへ!

f:id:motchans:20171010201624j:plain

洞窟入口にはこのような特殊な形をした岩があり、けっこうスレスレで洞窟内部に行きます。玄武岩でできているらしいです。

f:id:motchans:20171010194216j:plain

洞窟内部からはこんな感じで見えます。すごいですね~。どうやってこんな洞窟が出来たのか不思議です。

昔、洞窟の奥は竜宮城に続いているだとか、天女が遊んでいたという伝説が残っているそうで、何やら歴史もあるようですね( ´∀` )

f:id:motchans:20171010202204j:plain

洞窟の奥はこのようにだんだんと狭くなっていて、これ以上は船で進むことはできません。このとき屋根付きの船でも、船頭に出て写真を撮ることができます。

ただ、洞窟ですので波が収束し、かなり揺れるのでカメラや携帯を落とさないように注意です。普通に岩壁に船がぶち当たってましたけどね(笑)

f:id:motchans:20171010202500j:plain

ぶれぶれですけど、この先に出て写真を撮ることができます。これでかなり揺れるということが伝わるかな?(笑)

 

周辺のロケーションも最高

f:id:motchans:20171010202644j:plain

こちらは芥屋の大門の近くの芥屋の大門公園展望所から撮影した写真です。眺めがよく、玄界灘を一望できます。風も吹いていてとても心地良かったです!

 

まとめ

初めて行ったのですが、糸島には自然がいっぱいあって、いい場所だなと思いました。

海だけでなく、白糸の滝といった山の観光地もあるのでまた糸島に行ってみたいと思います。最近流行りのインスタ映えするスポットもたくさんあるので、ぜひみなさん行ってみてはいかがでしょうか!