のんびりいくばい

大学生がつづるブログ

のんびりいくばい

秋の味覚秋刀魚(サンマ)はどんな魚なの?

f:id:motchans:20171007204613p:plain

秋はサンマを食べる人も多いのではなでしょうか。確かに脂がのっていて美味しく、ご飯のおかずになりますね!( ´∀` )ですが、そもそもサンマとは何なのでしょうか。今回はサンマについていろいろ調べてみました。

 目次

 

そもそも秋刀魚(サンマ)って何なの

北太平洋日本海に多く分布してして、大群で回遊しています。寿命は1年半、生後1年で35㎝~40㎝に成長します。主に日本では北海道の釧路港、千葉県の銚子港、宮城県の女川港などで水揚げされています。

旬は9月~10月にかけてですが、脂がのって美味しいのは10月~11月にかけてだそうです。一般的に塩焼きで食べられますが、酢の物にするなど多彩な調理法があります。

 

秋でなくても売ってるよね?

たしかにスーパーには秋ではなくともサンマが売っています。実はこれらは冷凍されたサンマなのです。10月~11月に水揚げされたサンマは約4割が市場に売り出されますが、残りはすべて冷凍されて通年販売されるのです。だから年中売っているわけですね!今は冷凍などの流通システムが発達したので、10月ごろに水揚げされすぐ冷凍されたサンマなら、いつでもまあまあ脂はのっているということです。

 

秋刀魚にはこんな栄養が!

EPA

この栄養素は血液をサラサラにする効果があります。多くの青魚に含まれています。

DHA

脳の発達に効果を発揮するほか、記憶力向上、脳の老化防止に効果があります。また、善玉コレステロールを増やす働きもあります。

・ビタミンA

皮膚や目の粘膜を健康に保ち、がんの予防などに効果があります。

ビタミンD

骨を丈夫にするはたらきがあります。

・カルシウム

歯や骨をつくるほか、血液の中性を保ちます。また神経の鎮静作用があります。

 

など

 

なぜ大根おろしと合うの?

よくサンマの塩焼きには大根おろしが添えられていますよね。まあそれには理由があるということです。サンマの栄養素は身より、血合いや内臓に多く含まれているため、苦いのです。そこで大根おろしがあれば、苦みを和らげてくれます。さらに大根おろしにはビタミンや鉄分の吸収をよくしてくれる効果もあるので、とても良いものなのです!

 

美味しいサンマの選び方

1.頭から背中にかけて盛り上がり、厚みがある。

2.お腹が硬いサンマ

3.黒目の周りが濁っておらず澄んでいる

4.尻尾を持って、刀のように立つサンマ

この4つを見てサンマを購入すると、より脂ののった美味しいサンマが食べれると思います!

 

まとめ

サンマには豊富に栄養素も含まれていて、食欲の秋に食べたいとても美味しい食材だと思います。今頃がちょうど旬なので、買って焼いて食べてみてはどうでしょうか。

広告を非表示にする