のんびりいくばい

大学生がつづるブログ

のんびりいくばい

受験生必見!?お腹が鳴るのを少しでも防ぐ方法

f:id:motchans:20171002191918p:plain

受験勉強もだんだんと終盤になってきたのではないでしょうか。試験中によくあるのがお腹が「グゥ~」と鳴ってしまうこと。気にしなければいいのですが、やっぱり集中が切れたりするものですね。僕もときどき集中を切らしながら試験を受けていました。

今回は、お腹が鳴るのを少しでも軽減できる方法を書きたいと思います。

 目次

 

そもそもお腹が鳴るのはなぜ?

お腹が鳴ってしまうのは、胃腸の収縮運動によるものです。これによりお腹の中の空気が圧縮されて鳴ってしまうのです。

また、お腹がすいているときは脳が胃に信号を送り、胃により多くの栄養素を取り入れようと胃をからっぽにしようとします。この脳の信号が胃腸の収縮運動を引き起こしています。

お腹が鳴るということは胃腸が働いているということで、健康の証でもあります。

 

お腹が鳴るのを少しでも防ぐには

朝食をしっかり摂る

朝にしっかりと食べることは大事です。また、低GI値食品を摂ることにより、ゆっくりと血糖値が上昇するため、長い時間お腹が鳴るのを防げそうです。

(低GI値食品の食品)

・玄米 ・小麦全粒粉パン ・そば ・おかゆ ・チーズ ・牛乳 ・豆類

・春雨 ・さつまいも   ・肉類       など

 

(お腹が空きやすいもの)

・食パン ・うどん ・甘いもの(ドーナツ等) など

 

受験前にちょこっと食べる

受験直前などの時間には、血糖値を上昇させるチョコレートやアメを食べるとお腹が鳴りにくくなるでしょう。脳の活動も補助してくれます。僕も、受験の待ち時間などにチョコレートを食べていましたよ。

 

背筋を伸ばす

お腹が鳴りそうなとき、背筋をピシっとしてみてください。意外と鳴りそうで鳴らなくなります。僕もよく実践していましたが、鳴るときの音が小さくなったり、鳴らなかったりました。ただ、背筋を伸ばしすぎてカンニングと間違われないように!

普段の姿勢が猫背の人は、背筋を良くするよう心掛けると、お腹が鳴るのを悩まなくてよくなるかも!

お腹に空気をいれまくる

お腹がもう鳴る!!っていうときに息をお腹にためる感じで、一気に吸ってちょっと止めてみてください、多少鳴らなくなります。そして、もう大丈夫かなと思ったらゆっくり息を戻してください。僕はこれやっていましたが、失敗したときは息を戻しているときに大きな音で鳴って恥ずかしかったです(笑)

 

ツボを押す

f:id:motchans:20171002194903p:plain

 合谷のツボというところです。ここを押すことで、大腸の調子を整えることができるらしく、一時的に空腹が抑えられるそうです。僕はこれをたまにしていましたが、見事に鳴りましたよ(笑)でも一回やってみてください!

 

ガスを抜く

試験中におならやゲップを我慢しているなら、お腹が鳴る可能性は高いです。とはいっても、人前で簡単にできるわけでもないですよね。トイレや屋外でガスを抜いておくしかないですね。

 

最後は気にしない

受験中けっこうお腹なる人いますし、試験に集中しているのでたいして気にしてはいません。気にせず、自分自身も試験に集中しちゃいましょう!また、お腹が鳴ったことない人なんかいませんから、そんな変に思う人はいませんよ( ´∀` )