のんびりいくばい

大学生がつづるブログ

のんびりいくばい

愛知でスーパーセルが発生!落雷から身を守るには

8月も終わりに近づいてきました。

夕立もあり、落雷が多い季節です。

僕は雷がほんとに嫌いなので、空を見て雷が鳴りそうだったら結構焦ります(笑)

特に今日(2017年8月23日)のニュースで見た、愛知県のスーパーセルはほんとにやばいですね。火災まで発生してしまいました。

f:id:motchans:20170823165035j:plain

落雷が発生したらすべきこと

①建物の中に避難する

 しかし、建物と言っても公園の休憩施設や山小屋などの避雷針の無い小さな建物も危険な可能性があります。

 だから建物の中心に向かって避難する方が良いです。(壁から1m以上離れる。)

 建物の中でも、洗濯や風呂、電源コードなどに触れていると感電の危険もあるので、注意すべきです。

 

②車の中に避難する

 車の中にいれば、落雷は車の外側を通っていくので安全です。

 しかし車も完全に安全というわけでなく、金属部分に触れていると感電する可能性があるので危険ということを知っておくべきです。

 

③とにかくしゃがむ

 雷は高いところに落ちるため、まずは自分への直撃を避けるために姿勢を低くします。しかし、しゃがむとしても木の下はアウトです。

 

落雷が発生してすべきでないこと

①傘をさす

 自分自身が避雷針となってしまいますよ!危険です。また、ゴルフクラブやテニスラケット、釣り竿も危険です。

 

②木の下に避難

 落雷が発生して木の下に避難する人がまだ結構多く見られました。木の下は落雷が木を伝って、人に移ってくるので大変危険です。また木の下ではなくても、4m以上は木から離れることが必要です。

f:id:motchans:20170823203051j:plain

 

③自転車、オートバイで走行

 自転車やオートバイに乗っていても雷が直撃する可能性はあります。

 自転車に乗りながら傘をさす人がよくいますが、あれはもはや動く避雷針ですね。

 大変危険です。とういうか違法行為なのでやめましょう。

 

晴れているのに雷が鳴っているのも危険!

  晴れているときに雷が鳴っているのはゲリラ豪雨、夕立のサインでもあります。

速やかに避難する準備をしましょう。また晴れているからと言っても、落雷が発生する可能性もあるので油断してはいけません。

 

まとめ 雷はとにかく高いところに落ちる!

 雷は高いところに落ちやすいため、アクセサリーなどの金属はあまり関係ないとされています。また人に落ちて死ぬ確率もかなり低いです。ですが、いつ落雷の被害にあうかわからないので油断せずに避難しましょう。

広告を非表示にする